自分と同じようなパターンでコンプレックスを持っていた男がいたのでした。
彼が書いた記事を見つけた時、もちろんですが興味持っちゃって読んでみたんです。
すると彼は童貞卒業することに成功したと言う事を書いてあったのです。
その方法としてネトナンを利用したらしいのです。
ネット上なら理解者をみつける事ができる、そんな気持ちがあったようでした。
包茎手術をしたことをしっかりとアピールして、また童貞であることも堂々と書いたようです。
通常だったらこのような事というのはマイナスイメージを抱かれてしまうって考えちゃいますよね。
自分もこのマイナスイメージが怖いって思ってしまう方です。
しかしこの男は、それをあえてしっかりとアピールすることに使ってみたと言うのです。
すると、童貞狩りが趣味と言う女をみつける事ができて、無事に挿入して男になることができたと書かれているのです。
マイナスイメージが逆にアピールポイントになるって、これはすごいことじゃないかって感じでした。
なかなか自分のマイナス部分を出すことは難しいのですが、それをアピールしてこそ本当にセックスができると言うのです。
インターネットの中はたくさんの人がいるから、理解者をみつける事は難しくないと言う事まで書かれていました。
筆おろししたいと思っている女を見つけられる、だったら自分もこの方法で相手を探してみようかなと思ったのです。
どうしても早めに童貞とさよならしたいし、今の状態だったらこのネトナンが一番ベストの方法かもしれないという気持ちになっていました。
理解してくれる相手を探せられるなら、マイナス部分をアピールしていこうという気持ちになったのです。

どうせこのままじゃ童貞のままなんだから、ダメ元でチャレンジするのも悪くないって気持ちになっていました。