包茎手術さえ受ければ、自分のコンプレックスは解消されると硬く信じていたのです。
だからボーナスで思い切って、クリニックで手術を受けたのでした。
これで堂々と女の前でチンコを見せることができる、だから童貞卒業だって可能なのだって感じで大喜びしていたのでした。
ところが、手術後のチンコをみてただひたすら愕然とするばかりでした。
その手術跡が余りにもくっきりすぎちゃって、奇麗にしましたよ感が強く出ちゃっていたんですよね。
これって思いっきり恥ずかしいパターンになっちゃってました。
手術さえ受ければ、あとは女探してセックス三昧って思っていたんだけれど、このチンコを見せることはさすがにはばかられました。
これ見たらきっと女は笑い出すに違いない、俺の面目丸つぶれって目に見えちゃってて、ますますもってセックスを積極的に考えるなんてできなくなってしまったのです。
新しいコンプレックスが発生してしまって、さらに頭を悩ませようになってしまったのでした。
こんなはずじゃなかったのに…本当に何だか踏んだり蹴ったりだなって感じだったのです。
せっかくボーナス作って手術したのに、結果がこれではどうしようもないじゃないかって感じでした。
このまま童貞を続けなければいけないのか、そう思うとやたらと暗い気持ちになってしまっていたのです。
なにかいい方法はないものか、そんな思いからネット検索をしていました。
自分と同じ悩みを持っている奴がいるかもしれない、そういう奴らはどうやっているのかな?と言うのが知りたかったのです。
そして自分と同じようなコンプレックスを抱えた男が書いた記事を発見してしまったのです。
彼はなんと、無事に童貞卒業をすることに成功したと書いてありました。