男なら誰でも股間の顔について、あれこれ考えてしまうような事ってあるんじゃないかって思うんですよね。
立派に勃起もしてくれるし、サイズもそこそこあるから何とかなるって気持ちを持っていたんですよ。
だけど、やっぱり皮が被っている事は少しは劣等感を持つ部分だったんです。
それでも、別にサイズが小さいわけでもないし、やたらと早いわけでもないから何とかなるんじゃないかって気持ちを持っていました。
学生のうちに童貞卒業して、一人前の男になる。
たくさんのセックスを経験してスキルアップも狙いたい、そんな目標は持っていたのです。
しかし、ある雑誌の記事を読んだときのことでした。
包茎と言うのは女性から敬遠されてしまうものである、そんな記事を発見してしまったのです。
それを読んだときは本当に衝撃が走ったって感じでした。
チンコの皮が被っているぐらいで、何で女はそんなに嫌がるんだろう?って感じでした。
もしかして初体験のとき裸になって、皮の被ったフル勃起のチンコをみられてドン引きされてしまったらどうしよう、そんな気持ちにさえなってしまったのです。
「臭いしバイ菌だらけだし、不潔」
「病気だ最低」
「臭いと不潔なのが嫌」
こんな女の証言なんか聞いちゃうと、膝から崩れ落ちちゃうような気分になっちゃったんですよね。
なんでそんなに嫌われてしまうんだよ、なんて涙が出てしまうぐらい悲しくなったりもして。

この記事を読んでしまってから、セックスに前向きになる気持ちが突然なくなってしまったのです。
もちろん性欲がなくなっちょっとっていうわけじゃないんですよね。
毎日オナニー何回もやっちゃうことだってあるし、女のエッチの体ってやっぱり憧れがありました。
だけど今のチンコをみられてしまっては、嫌われてしまう可能性が出てきちゃったのだから、セックスに前向きになることなんかできるはずもありますよね。